本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 学部案内  > 学部長挨拶

学部長挨拶

現在、地球規模での競争の激化、地球環境問題の深刻化、情報化の進展など、企業を取り巻く環境はかつてないほどのスピードと規模で変化しています。経営学部では、このような環境変化に対応するため、大学の建学の精神である「行学一体、報恩感謝」に加え、学部の教育理念である「理論と実践」のもと、新しい経営理論に基づく実践を重視した教育を行い、「企業経営を通じて社会に役立ち、自己実現できる人材の育成」を目標としています。

経営学とは、「ヒト(人事・労務)・モノ(生産)・カネ(会計・財務)・情報・時間」といった経営資源を有効に活用する手法を学び、企業を効率的に運営するための思考力を養っていく学問です。経営学部では、これらの経営資源を有効に活用するための「幅広い知識」をもとに、現代社会が直面する諸問題について「豊かな発想」をもって戦略提言することで、企業経営に係る問題解決にあたることができ、将来、企業社会で活躍することのできるような人材の輩出を目指しています。

そこで、経営学部では、幅広い専門知識を自主的に学ぶことができるのと同時に、実践性を重視した学びができるようなカリキュラムを提供します。具体的には、経営学を初めて学ぶ人が、経営学に関する多様な科目を自主的に選択することは難しいことから、系統的に、体系だった学習ができるように、コース制度を導入しています。そこでの特徴は、下記の通りです。

  1. 幅広く多様な専門科目を配し、それらを「基礎科目」と「応用科目」に分けています。学生は、選択の幅をもつのと同時に、体系的に経営学を学ぶことができます。

  2. バライエティーに富んだ「応用科目」を体系的に学習することができるように、各学科にそれぞれ5つのコースが設置されています。それらの中から、自らの将来計画に従ってコースを選択し、そこでの選択科目を中心とした学習計画を立てて下さい。

  3. 経営学の実践的側面の強化を目的として、「実習科目」を設置し、企業経営の諸側面にわたる学習を行うのみならず、外部から企業経営者を講師として招くなどして、現場からの発想に基づいた生きた経営学を学ぶことができます。

  4. 社会人となった時に最低限求められる語学力と発表力を身につけるため、「演習・外国語科目」が設置されています。ビジネス英語では、英語によるコミュニケーション能力、文章読解力を養います。演習科目は、基礎演習と専門演習に分かれており、基礎演習では、資料や情報を集め、それらをまとめ、報告する力を養います。専門演習では、各教員の専門について、基礎演習で学んだ学習方法を用いて、よりいっそう少人数で深く議論を行い、経営学部の学生としての専門知識と思考力を養います。

  5. 学生の個性や将来の目標にあわせて、学士力および就業力を身につけることができるように、「自由選択科目(グレーゾーン)」が設置されています。ここでは、経営学だけでなく、幅広い分野の細部にわたる科目を履修することができ、個々の学生の多様な学習計画あるいは学習ニーズへの対応が図られています。


以上のような、経営学部教育の方針の下、経営学部では、企業経営に関する広範な知識と実践的能力の融合を目指しています。経営学を、主体的に基礎から応用、発展へと段階的に学ぶことで、将来、経営者または管理者を目指す人、グローバル企業での活躍を目指す人、自ら新たな事業を企画、運営、管理することを目指す人、専門的知識、資格等を取得して、専門職を目指す人などを社会に送り出していきたいと考えています。

経営学部長  
荒井 耕一郎


Copyright© Aichi Gakuin University All Rights Reserved.